艶歌に酔う日々

艶歌が良い、日韓仲良く!

私の命の恩人は元慰安婦だった。

私の幼い時(70年代)の生活はおしんには比べることは出来ないけど貧しい生活そのものだった。娘にお父さんはね、、幼い時に貧乏だったので麦ごはん、サツマイモ、ジャガイモ、トウモロコシ等自然食を食べたのよと言ったら、良いもの食べたねと言われた。全く呆れる。
その時は食べ物は何とか解決できたけど生活に余裕がなかったそういう時代。


私は幼い時に病気が多くて弱かったと父から聞いた。
夜寝るときに状態が悪くなると、父は急いで私をおんぶして村にいた女医師に走って連れていた。
おんぶされた状態でお尻に注射を打たれて痛かった記憶がある。
この繰り返しは多分小学校に入るまで続いたんじゃないかと思われる。
女医師は一人暮らしで、友たちの叔父の離れた部屋を借りて暮らしていた。
女医師はとこから来たか知らなかったけど、村と近くの村の患者たちの面倒を見ながら生計を立てていた。
小学校の時、村の大人たちから聞いた話。
何時からかは覚えてないけど、村に引っ越ししてきた人がおって、その人は村に薬局を開いた。
ある日、女医者が近くの村へ患者を診てあげた後帰り道に、向こうたら警察がやってくるので慌ててハンドバックにあった薬品を捨てて歩いていたと、その警察がやってきて検問されたと。
医療行為をやったんじゃないかと。すると、女医師は用事があって帰る道だと言うと警察はそのまま帰ったと聞いた。村の大人たちはさらに言った。
警察も状況を知っていたけど女医師が可哀そうだったのでそのまま帰っていたんじゃないかと。
そしてその女医師を通報したのは薬局の人ではないかと。


私が大きくなって、今は亡き父から聞いた話。
幼い時はあまりにも病気だったので、その都度女医師に走って駆け付けたと。時には女一人寝る部屋に慌てて診てくださいと告げると女医師も慌てて待ってくれと言われたあと着替えてから見てもらったと言った。
ある日、女医師はお父さんに私を養子としてもらいたいと言ったと。
父はどうしようか迷ったけどお母からいやだと反対され養子に出さなかったと言った。
そのときは母性が強い時期でもあった。ドラマも映画もそういう内容。
父曰く、お前が今はこんなに元気でおられるのもその女医師のお陰だから後で恩返ししなさい、謝礼も充分できなかったからと言われた。だけど、そのあとは女医師について全く頭の中にはなかった。


時が流れ、日本にて生活をしながら無料通話ができる時代になって、故郷の友たちと長電話をする機会が出来たとき、その友たちから衝撃の話を聞くことになった。
友たち曰く、90何年だったか覚えてないけど床屋で新聞を読んでいたら元慰安婦だったおばあさんの葬儀内容だったと、読んでいく中に村の名前が出てくるさらに特徴とかいろいろ村にいた女医師だったと解ったと。
まさか、その人が元慰安婦だったなんて、友たちもびっくりしたと。
村で女医師の面倒を見てあげた人が友たちのお父さんだったので多分、村には女医師が元慰安婦だった事実を知る人は誰も居なかっただろう。
新聞記事によると、女医師は村の人たちと観光に出かけたけど、その場所が偶然にも江華島(北朝鮮の砲撃事件の地)だったと。


女医師はずーと江華島は北朝鮮だったと知っていたので故郷へ帰るのを断念し、ある村で暮らしていたけど、村の人たちの親切やおかげで生活が出来たと。そしてある時、村の人達に誘われ旅に出かけたところが自分の故郷だと解ったと。
女医師が何歳に故郷を離れ偶然に戻ったときがいつだったか私は分からないけど、多分何十年ぶりだろう、女医師はどれほど感無量だったかなぁ。
親たち、兄弟または親戚たちに会えただろうね。
亡くなったと思っていた娘、姉或いは叔母が帰ってきたから信じられなかっただろう。嬉しかっただろう。
そんな経験をしたことのない人間はその気持ちを計り知れないだろう。
その後女医師はソウルで暮らしていたと友たちから聞いたけど詳しい内容はいまは覚えてない。